ざき丸ちゃり雑記

ちゃり旅を主にする(はずの)雑記

裏・夏合宿3日目 占冠村~帯広市


3日目

 

1時30分 起床

はい、朝の1時半に起床しました(錯乱)

寒すぎ、暗すぎ、一体何のために…

 

3時00分 出発

真っ暗のなか出発です。

走ってる途中空舟くんが「丑三つ時だね」と言ってきて「何でそんな怖いこと言うねん」と聞いたら「いや、1人で丑三つ時って考えたら怖くなったから恐怖を共有したかった」だそうです。

お巡りさんこいつです

 

5時00分 トマム雲海テラス

さあ、本日のメインイベント雲海!!

どんな幻想的な空間が見られるんでしょうか!?

 

 

ふ ざ け ん な

 

いつかリベンジしたいです

ちなみに直前4日間は毎日雲海が発生してたみたいだし、予報では70%雲海発生するってあったから期待しますよね、そりゃ

 

7時15分 狩勝峠制覇

ふてくされながら国道38号線

富良野側からなら緩やかに登りなのであんまり疲れませんでした


f:id:kyabaria217:20170906211200j:image


f:id:kyabaria217:20170906211212j:image

 

 

そんなことより途中途中で見ることができる、去年の台風による川の氾濫跡がかなり衝撃的でした。

今改めて考えてみると被災地と呼べる場所を間近に見るのは人生初だったかもしれません。

 

 

9時30分 エコトロッコ

峠を下る途中にあるエコトロッコに遊びに来ました。

雲海テラスがダメだったので代打、エコトロッコ

 

1人700円で見た目はショボイと思うかもしれませんがやって見れば普通に楽しい

線路が切り替わる瞬間とかテンションあがります


f:id:kyabaria217:20170906211527j:image


f:id:kyabaria217:20170906211550j:image

 

11時30分 昼食

計画ではゴールだった清水町の薬局でお昼

超絶早起きの影響で眠気MAXだったので仮眠をとりました


f:id:kyabaria217:20170906211731j:image

 

14時30分 UNIQLOとお風呂

まだまだR38

あぁ、北海道って感じの道も続きます

アップダウンはあるけどかなり緩やかで、トラックが真横を通る時以外は快適に走れます


f:id:kyabaria217:20170906211851j:image

 

帯広に入り、UNIQLOに立ち寄った僕ら

空舟くんはエアリズム(タイツ)、僕はスウェットを購入しました

北海道の夜寒すぎて死ねるんじゃ

 

UNIQLOの近くにお風呂があるのでゆったり、出てからコインランドリーで洗濯をして、スーパーで買い物

 

17時30分 グランベリーのスイートポテト

コインランドリーを回してる途中で道民、ぬるいヒエピタ氏から帯広市には美味いスイートポテトがあると聞き、食べに行く

 

量も値段も味も見た目も凄いぞ!


f:id:kyabaria217:20170906212329j:image

 

19時15分 豚丼

帯広市がスイートポテトで終わる訳が無い

もちろん豚丼だよなぁ!?

 

という訳で豚丼のいっぴん本店へ!

肉のカット小さめ、タレ多めで特々盛り(だいたい1200円)をチョイス

 

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛

実は去年札幌で食べたけど、やはり美味しい

一瞬で完食


f:id:kyabaria217:20170906212719j:image

 

感想

朝早くでたから100km走っても時間に余裕があって良かった

お風呂は素晴らしい

早寝早起きライドでリズムをつくっていきたい

 

走行距離 だいたい110km

明日は少し短めの予定

裏・夏合宿2日目 札幌手稲〜占冠村


8時00分 ヒエピタ氏宅出発

2日目、今日からが本格的な裏合宿の始まりと言える。天気は幸い晴れ。

出発の際に、差し入れとしてペットボトル2本と塩飴、とうもろこしをいただいた

ヒエピタ一家とウサギのマロンに見送られて出発!


f:id:kyabaria217:20170906203000j:image

19度は下りも怖い😱

 

10時00分 休憩

軽快なペースで札幌市を抜けて休憩、北海道限定に負けて買ったパンがこちら

 


f:id:kyabaria217:20170906203159j:image

味は見た目通り

 

11時40分 お昼

国道274号をひた走る

1時間15kmを目標にして、それより進んだ分を「貯金」と名付けて走っていた

貯金が思ったよりあるので早めのお昼

出発時にいただいたとうもろこしを食べる、甘くて美味しい

 

12時50分 道の駅 夕張メロード

ここまで予想よりはアップダウンも少なく、緩い

トイレ休憩で立ち寄り、ついでにスタンプゲット

しっかりと見ていないが夕張市に関する展示(石炭やメロン)もあった


f:id:kyabaria217:20170906203606j:image


f:id:kyabaria217:20170906203619j:image

 

 

16時40分 占冠村入り

R274をひたすら走る、6%でひたすら登らされたりして覚悟はしていたがやはり貧脚には応える…

 

最高地点は650m程だと思うがそこから占冠村まではひたすら下り

登った分の貯金が切り崩されていくのを感じると共に明日以降訪れる登り坂へ思いを馳せる


f:id:kyabaria217:20170906204005j:image

 

17時30分 道の駅 自然体験しむかっぷ

村に入ってからはまたまた下りで中心部へ

道の駅が今晩の宿だ


f:id:kyabaria217:20170906204110j:image

 

晩御飯

近くのスーパーで買い出し

トイレで水を汲んで沸かして晩御飯、カップラーメンとお湯と混ぜて作るマッシュポテトを食す


f:id:kyabaria217:20170906204257j:image

 

感想

疲れた…

お風呂入れないのが地味にキツイのと夜になると急に寒くなるのが辛い

ただずっとやりたかった形でのサイクリングは実現出来ているから楽しい

 

水を求めてコンビニ、自販機を探し始めたころには手遅れだった…

何とか走りきれたけど一部地域の田舎っぷりを舐めてた

怖いぜ北海道

 

距離は132km

 

裏・夏合宿 1日目 小樽~札幌市手稲区

お久しぶりです

 

2017年夏、私スペ語落単丸は再び北海道に舞い戻ってきました。

部の合宿は、新潟県佐渡島を一周でした。

 

今回は、春に広島まで一緒に行った空舟くんと「裏合宿」と称して北海道をキャンプツーリングしているのでその模様をお届けします!

 

9月4日4時00分

日本海フェリーで新潟から小樽まで来ました。

18時間の船旅はだいたい寝て過ごしました。船内のビンゴ大会や、クイズラリーにも参加しましたが何も当たりませんでした…

 

部屋は一番安い和室では無くツーリストAというカプセルホテルに近い感じの造り、狭いの好きだし、コンセントあるから快適

 

ちなみに新日本海フェリー手荷物代掛かります

自転車持ち込みで1750円支払いました…それを知ったのは乗船ゲート通る瞬間で、係の人に止められたのがとても恥ずかしかった


f:id:kyabaria217:20170905194253j:image

 

 〜11時00分まで

小樽観光です。

朝4時についても何もやってません、小樽運河やコンビニで上手いこと時間を潰して、ガス灯シャンデリアの点灯を見学したりした後8時45分オープンのヴェネツィア博物館に行きました。


f:id:kyabaria217:20170905195327j:image

 

 

ヴェネツィアガラスの美しい作品が数多く展示されており、貴族の雰囲気を味わうとともに勉強にもなりますね。写真撮影禁止が少しだけ残念でした

 

博物館のあとは小樽で超有名なスイーツショップ、LeTAOに行きました。

ダブルフロマージュとマンゴージュースのセット(650円)です。

3層に分かれていてそれぞれ違う舌触り、味になっていて非常に美味でした!


f:id:kyabaria217:20170905195227j:image

 

14時00分 札幌市へ

小樽観光を終えて、この日お世話になる部員(ぬるいヒエピタ氏)の実家へと向かいます。

 

ヒエピタ氏宅では卓球をしたり、うさぎと遊んだり、さらにはジンギスカンまでご馳走になり大変お世話になりました!

しかも、出発の際に差し入れまで頂いてただただ恐縮です…

 

ちなみにヒエピタ氏宅は斜度19度の坂の上に建っていて、着くまでは地獄です

 

以上1日目でした

 

この日の走行距離は25km程です

先輩に居候された話

先輩の性別?男だよ!!!

以上、今日の記事でした。

 

 

 

はい、男の先輩に2週間ちょっと居候されてました、残念系大学生ざき丸です。

 

この先輩は黒田さんといいます、本人が元広島カープの投手に似てるのでそこからもじってます。

 

黒田さんは、去年の秋から1年間の休学をしていて、僕にはよくわからないことをいろいろしてるすげーやつです。

 

そんな黒田さんが何故愛知に戻ってきたのか

 

車校に通うため

です、だせぇ。 みなさんも車校に通ってる途中で休学して東京に行ったりするのは辞めましょう。

東京に行く前、1人暮らしのアパートを引き払った黒田さん、愛知に戻ってきた彼に選ばれた宿は築40年ほどの広めのアパート、ざき丸ハウスでした...

 

一日ずつ男同士の同棲生活を振り返っても何の潤いも得もないので僕自身がシェアハウスをしてみて思った事でも書いていきましょう。

 

1.プライベートな時間問題

 

僕の場合は2週間少しと期間限定だったこと、意外とお互いの生活リズムが違う(僕はバイト、黒田さんは車校)でちょくちょく1人の時間はありました。まぁ一人の時間があったところで寝るだけなんですが…

 

とにかく期間限定とわかっているならその人との時間を大切にしようと思えるのでそんなにプライベートな時間はいらない気がした。

ももしこれが1か月以上とかになるならかなりキツイ。だって互いに慣れたころっていやな部分が目につき始めるじゃないですか。

だんだん他人としての保つべき最低限のラインに侵入されそうなのが嫌ななので仲の良い友達だからこそルームシェアとかすべきじゃないっていうのが持論です、あくまで持論

 

2.家事・金問題

 

今回の居候、食費は黒田さんに持ってもらいました、かわりに炊事は基本僕。掃除洗濯は暇な方って感じですね。

 

僕自身料理は好きなので2人前ご飯を作ることはあまり苦にはなりませんでした。ただバイトから帰ってきてから2人前はちょっと面倒・・・

 

洗濯は昼間家にいることが多い黒田さんが割とやってくれたので楽できました。

 

じゃあ何がお金問題なのか

ずばり 電気代

2人の生活リズムが違う→電気をつける時間が必然的に長くなる→電気代爆上げ

 

今月の電気代、1か月のうち半分家にいなかったのに普段と同じくらいですからね?単純計算で電気代2倍になります。

みなさんも人を居候させるときは食費+光熱費をしっかり徴収しましょう。

 

まあいろいろ極々小さな問題はあっても期間限定のルームシェアなかなか楽しかったです。

1人暮らしは帰ってもだれもいないのが普通なんですが誰かに「おかえりー」と言われるのはなかなか気持ちの良いものです。

また、協力して料理を作ったり、テレビを見たり、1日あった面白かったことを言い合ったり。

 

 

ルームシェアをして1つの結論を得ることができました。

 

これ先輩じゃなくて彼女とやりたい

つまり1人暮らし同士で互いの家にちょくちょく行き来するのが最強なんじゃないかとざき丸選手は気づいたのです。もしこれ実行してる1人暮らしの人がいたら感想教えてください、うらやましい。

 

相手もいないのに理想だけが高まった2週間でした。

 

最後になりますが黒田さん9月からの大学復帰待ってます!

ただしアパートはちゃんと自分で借りてください!!!

 

 

 

 

大分由布院自走記

お久しぶりです。

ブログの更新をするほどネタもないのが正直なところです。

 

今日は、部活の春合宿で他の部員が輪行した部分を僕とそらふね君は自走したのでそれについてのお話です。

部活用に書いたものをそのままコピペ、一部改変しただけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

自走とは何か?「自分で走る、自力で走る」。解釈を拡大するなら「目的地まで自転車以外の手段を用いることなく到着する」だろうか。

 

 なぜ自走という手段に人は時として踏み切るのか、金か名誉か達成感かそれとも過去の先輩へのリスペクトか。いずれにせよ自走の数だけ走る理由があるのだ。僕、ざきに丸は広島自走に途中挫折したという苦い思い出を払拭するため、節約のため。一緒に走る彼、そらふねくんはキャリアを外すのが面倒なため、節約のためだった気がする。残念ながらこういうのにありがちな病気のあの子に勇気をとか、走り切ったら俺、結婚するんだみたいなお約束は無い。もう一度言う、無い。

 

 8日目、2016年度の春合宿も終盤になってきた暖かな日、道の駅くるめでお昼ご飯を食べ、謎の踊り集団を見届けた僕たちは自走を開始すべく準備を始める。どうせ暑くなるからと三月下旬には似つかわしくない半袖Tシャツ1枚にネックウォーマー、高校のジャージが僕の自走ファッションスタイル。黄色のシャツには鮭を咥える熊に‘Bear eats salmon’の印字、19の誕生日にもらったお気に入りの一枚である。ダッシュはいつものおしゃれサイクルジャージ、相変わらずキマッている。

 

 出発前みんながスマホをこっちに向けまくる、自然体を装うけどめちゃくちゃ意識しちゃうし、ちょっとした有名人にでもなった気分だ。しかもみんななぜかローアングルから撮ってくる。ここがコミックマーケットの会場ですか?

 

 出発前何度も道と地形図を確認、幸いなことにほぼ一本道みたいだ。今回の自走の目玉こと山さんはどのあたりで牙を向けてくるのかは地図を見るだけじゃいまいちわからん、いざ出発。

 

 先頭はわたくし、ざき丸。後ろはそらふね。やることは決まっている、全力で引く。日田市が最後の町とかGPAの神様が言っていたけどそこまで40㎞程ほぼ平坦。30/hを切らないように走ってたら2時間足らずで着いた。あれ?もしかして余裕じゃね?ワンチャン輪行組より早く着くぜ?なんて山に入る前お決まりのフラグを建てまくる。

 

 平坦での最後の休憩を終えて走っていくと明らかに山に入り始める、一応国道だか県道を冠した道なのだがまず車の数が一気に減る、進んでいくと傾斜がきつくなってくる、道は狭くなり、曲がり、気がつけば車がすれ違うのも難しいくらい車幅が狭くなっていた。

 

 聞こえるのは風の音、肩で息をする自分の声、回るペダルとホイールの音が2つ、空舟くんの息?あいつマスクして走ってるすげーやつだから聞こえないよ?それはさておき、いいね、「登りにきた」って感じだ。登っているとき考えることはなんですか、僕は今日の晩御飯だったり、同じ曲の同じ部分だけがリピートされたり、無意味に、SH*T!!とかクソッとか唯一わかるドイツ語を叫んでみたり。後は、一緒に走って、ペースまで合わせてくれる聖人こと空舟くんとお話したり。登っているときはノリと勢いとアドレナリンでしゃべっているので何を話したとかは全然覚えていない。とにかく登りは嫌いなのでこの坂がどこまでとか、ケイデンスを…なんて速さを求めてない。自転車に乗り始めたときから登りは「足を付かない」が個人的究極目標なのである。

 

 1つ目の山を登り終えると町までひたすら下り、たくさん登った後の下りは積み重ねた貯金が無くなるみたいな感覚になるのであんまり好きじゃない。楽しいけど。2回目の登りが来る前に1度休憩、1つ目の山は476mが頂点だったらしい。残念、目的地の由布院町は標高600m越えだ。町まで下った分にもう1山追加オーダー入りまーす。もちろん自走中には知るわけもない。

 

 いざ目的地由布院へ、もう30㎞程だ。ここのあたりからはずっと田舎特有の山道が続く、まぁまぁの広さの路肩と道、全然通らない車、そして登り。こんな感じの道はかなり僕のサイクリング心をくすぐる。好きだけど息はとぎれとぎれ、心臓もバクバクしてる。もしかして:恋。違う、体力がないだけだ。

 

 時々目の前に現れる目的地までの距離が書いてある青い看板は、希望にもなるし絶望にもなる。広島まで走っていた時初めて看板に広島の字が見えたときは凄く嬉しかった、初日は四日市とか大津とかしか書いてないんだよ?あの看板は、目的地までどれくらいか、ペースはどんなもんか、道はあってるのかとたくさんの情報が詰まっているのだ。まぁ情報は時として残酷な現実を突きつけてくる刃物ともなりうるのだが、日の入り前で残り50㎞とかね。

 

 湯布院に確実にひと回しずつ近づく僕らに試練、雨というか霰。おかしいだろ三月だぞ、僕らのお天気女神はいつもドSだ、恵みの雨か、怒りの鉄槌か分からないがそれすらネタにして前に進む。

 

 湯布院に近づくにつれちょくちょく温泉宿を見かけるようになった、もうこれがゴールでいいんじゃね、なんて思いながら残り10㎞強、山は続くよどこまでも、登れ登れ。

  

 登りが終わるとき、目の前から道が消える。なぜか、下り坂に変わるからだ。そんなわけで登頂708m、自転車で登った中では人生最高峰。これだけで満足。空舟くんはコンビニで買ったポテチの袋がどれくらい膨らんだか見ていた。実際結構膨らんでいて面白かった。

 

 残りは下り、登り貯金が減るけどみんなが待っている宿へと向かう。無事に着いた温泉宿「やまなみ」。旅館に入る前に二人で記念撮影、合宿で撮った写真の中でも上位を争うお気に入りの一枚だ。

 精魂ともに使い果たした自走になった。走った後も言ったけど輪行して正解だと思う。半端な覚悟と実力で行ったら途中で立往生からの日没ENDまであり得る。40㎞ほぼ登りは伊達ではなかった。ナイス判断ルート提案者。走らせてくれたルート提案者と走ってくれた空舟くんに改めて感謝。

 

 以上 ざき丸と空舟の自走記 番外編でした

 

最後に走ったルートを貼っておきます

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=6b70f2fc68c4d5081ed9d185ffec22a9

 

 

 

広島自走記最終日・尾道の悲劇


広島のネカフェからこんばんはっする、ざき丸です

遂に来ました広島市! いつも通りダイジェストでお送りします

 

A.M 7時00分 起床

 

アラームは5時半だった、止めた、再び寝た

今日は公園でゲートボールを楽しんでいたおばあ様方の声で目が覚めました

 

起床してからはテント干して、テキトーに朝ごはん


f:id:kyabaria217:20170318232131j:image 

 

A.M 9時00分 出発

 

ブレーキケーブルのアウターワイヤーが外れてパニックになりましたが修理して出発

今日唯一の観光スポット尾道市を目指します!

 

A.M11時30分 ONONICHI U2 到着

三日連続のサイクリング日和の中軽快なペースで尾道市に到着、サイクリストの天国とも名高いU2に行ってきました!

 

海沿いに立っているのでロケーション最高!写真撮影が捗る捗る。 そこかしこに一眼カメラを持ってる人がいます

 

このU2、自転車乗りにとって素晴らしいだけでなく、中のおしゃれなパン屋さん、雑貨屋さん、レストラン、カフェは普通の観光地としても人気みたいです

 

 

 


f:id:kyabaria217:20170318232645j:image


f:id:kyabaria217:20170318233532j:image



f:id:kyabaria217:20170318233541j:image
f:id:kyabaria217:20170318233547j:image

 

期待してたドライブスルーのチャリ版ことサイクルスルーはサイクルスルーするための窓の前に机と椅子が置いてあって暗に使うなと言われている気がしたので使いませんでした

完全にチキりました


f:id:kyabaria217:20170318233759j:image



P.M 12時30分 二つの悪夢

U2を出発、広島に行くぞーとした瞬間前輪がパンクしていることに気づく

まあ走ってる最中じゃなくて良かった

 

パンクを修理して改めて出発!が1km程で異変に気づく  

変速できねえ 

ここからわりかし山道の予定なのにこれはマズイ…

いろいろその場で悩みましたが出した結論は、

 

広島市まで自転車で行くのは諦める

でした。

 

自転車を修理してから走ることも考えましたが到着が夜9時すぎになってしまうこと、何より相次いだトラブルで漕ぎたいという気持ちがプッツリ切れてしまいました…

 

P.M 2時10分 空舟くんとの別れ

 

広島市まで尾道から輪行することにした僕に対して空舟くんはマシントラブルなし、ここまで来て走りきらない理由はありません。

テント等の共有装備を全て僕が引き受け、出来るだけ荷物を軽くした空舟くんとの別れ(一時的)

 

この彼と別れた瞬間が一番悔しさと同時に情けなさを感じた場面でした。

 

 

このツイートからも萎え度がひしひしと伝わりますね

 

 

ところで荷物を軽くした分のスペースに空舟くんはあるものを積みました 

 

ティッシュボックスです

しかも4箱

 

空舟くん曰く「花粉症が限界。」だそうです

そんな彼のキャリアティッシュがこちら


f:id:kyabaria217:20170319054803j:image

 

よくよく考えると花粉症でマスクしながら走ってるのかなり凄いような…

 

P.M 16時13分 さらば尾道

 

U2にあるジャイアントショップで課金(修理)してから駅へ

 

途中のコンビニでダンボールを借りてめっちゃ無理やり詰め込んでテントを先輩宅に発送

かなり自転車が軽くなりました

 

先輩ありがとうございます、あとは無理やり詰め込むのに積極的に協力してくれたコンビニのお姉さんもありがとう。

 

駅前で輪行準備を完了させて広島駅まてま1時間半電車に揺られます

疲れすぎて立ちながら寝てました 

 

しかしだんだん混んできてからは自転車を守るのに必死、ただでさえ狭い車両で混みつつある中輪行は本当に周りの人に迷惑を掛けてしまうので極力避けよう…というか基本走り切ろう

 

電車の車窓からたまに空舟くんを探してましたが見えませんでした笑

 

あとは本場広島女子の〇〇じゃけーとマツダスタジアムが見れたので輪行輪行で収穫がありました

 

P.M 18時05分 来たぜ広島ァ!

遂に電車も終点広島駅

降りてから先に広島入した友達と合流、走ってくる空舟くんを待ちます

 

P.M 8時00分 空舟、広島に来る 

 

 

無事に着いてくれました!

自分が走れなかった分、無事に着いてくれてとても嬉しいし安心しました。

 

この後は市街地で鍋焼ラーメンを食べてネカフェにinしました  

ふかふかのマット(当社比)に屋根、壁があるって素晴らしい👏

 

今日の総評、まとめ

尾道、いいところだよ

 

マシントラブルに泣いたけどポジティブに考えたら

・自転車屋の近くで壊れてくれた

・雑誌で見るだけだったジャイアントショップ尾道店で修理できた

臨機応変に対応できた(友達から引用)

って事ですね

 

電車内で楽しめることもあったし、望まない状況に身を置かざるを得ない時にその場を否定するのでは無く、そこから楽しもるものを発見する方がずっとよいなぁと確認することができたので輪行もまた一興 

 

あんまりスポーツ競技のインタビューでの「応援してくれた人、家族に感謝」みたいなのに共感できなかったけど今、一緒に走ってくれた空舟くんだけでなく、テント保管してくれる先輩、コンビニのお姉さん、滋賀であったお兄さん、道路を作ってくれた人、etc…みたいに書ききれないくらいたくさんの人に感謝してます

まあ、まとめるといろいろ学んだな!ってことですね

 

走行距離 30kmくらい 

愛西市広島市(実質尾道市) 453km

でした、頑張った自分を褒めよう。 

 

今日の出費

・食費 2415

・お土産、送料、駐輪場 1650

輪行交通費 1490

・修理費 6193

・自転車用グローブ 3780

 

合計 15578

 

自走4日間合計

24319円

 

…高い!!

 

思い出はプライスレス!!(開き直り)

 

という訳で怪我なく広島市まで来ました! 

これにて広島自走記はおしまいです、読んでくれた方ありがとうございました

 

明日からは、ざき丸チャリ雑記春合宿編をお届けします!

 

                                    以上!また次回!

 

広島自走記3日目・ 神道?酷道?2号線

広島自走記も3日目!

こんばんは、コインランドリーから広島自走記3日目を更新していきます、ざき丸です

 

今回も時系列、出費を書いて、初の試みとしてツイート埋め込みを使ってみようと思います

 

A.M 5時30分 起床

けたたましい携帯からのアラームで起床

テントをたたむという仕事が増えたので2日目より早く起床したのだが実際正解だった

 

A.M 7時00分 出発

 

ご覧の通り、スポークが1本お亡くなりになりました

軽く調べたら折れたスポークの周りには過剰な力がかかってしまうので折れる→その近くも折れる→その近(ry   ってなる可能性があるらしい

広島じゃなくて実は大分県まで行くんですが僕のリアホイールの運命やいかに…

 

A.M 7時30分 姫路城

せっかくの姫路市なので白鷺城こと姫路城を見てきました

時間の都合上遠くから眺めただけだったけれどそれでも充分キレイ


f:id:kyabaria217:20170317230420j:image
f:id:kyabaria217:20170317230427j:image

 A.M 11時30分 お昼ご飯

ザクザクっていう薬局でお昼ご飯を食べました、愛知じゃ見たことない…って以外は普通の薬局

 

姫路市を出発してから4時間、岡山県備前市まで来ることが出来ました

兵庫から岡山に入る時はずーっと登りです、ただ全部鈴鹿峠よりしょぼかったのでこれといって感想は無いです

 

手元に写真がないからオマケ程度に書きますがR2走行中いきなり現れた弥生時代の家を再現してある小さな遺跡公園で休憩してます 

絶好の写真スポットなのでぜひ機会があれば立ち寄ってください

 

P.M 16時00分 ハンガーノック未遂事件

 

2号線を西進中、何だか力が入らない

ペダルを踏む足にぜんぜん力が入らない…

思い出した、ココ50km飴以外口にしてねぇ
完全にハンガーノック寸前ですありがとうございます

 

何故昨日の悲劇を繰り返すのか

2時間もしくは30kmに1回が自分にとって適切な補給タイミングと知っておきながらこの有様

 

偶然近くにあったコンビニへ緊急ピットイン

セブンイレブンさんのおにぎり100円セールが神だと確信したのはこの時です

 

P.M 6時10分 広島県に突入

国道まちがえた、酷道2号線さんにお世話になりながらやっとこさ広島県に突入!

 

2号線さん、岡山市あたりから本線への合流が自転車では出来ないので側道→本線へ一瞬合流→側道と繰り返しになりストレス溜めやすいルートです 

土地感覚ないし仕方あるまいスピリット

 

兵庫県からここまでほぼ国道2号線で来てますが途中バイパスで自転車侵入禁止になったりして地味に大変でした、今回めちゃくちゃ参考になったブログがあるので自転車で広島を目指す人は見てみてください

やるときゃやる馬鹿、ちょんたの自転車旅行 : 国道2号 大阪-西宮-神戸-明石-加古川-姫路-太子町-相生-備前-岡山-倉敷-福山-三原


f:id:kyabaria217:20170317230455j:image

 

P.M 19時00分 お風呂

目的地福山市でお風呂です

今日はここに入りました

お湯処美福

 

お湯処美福さんです

入浴料は大人540円と安め、中は昭和な雰囲気はそのままに全て綺麗にリノベーションされてるみたいでピッカピカです。

シャンプー等も完備

 

久々に''あたり''の銭湯でした

晩御飯も美福さんの食事処で取りました


f:id:kyabaria217:20170317231910j:image

豚みそ丼 550円

むかん (皮なし冷凍みかん) 100円

 

P.M10時30分 コインランドリー

 

お風呂から近く、広島に着いてからバタバタしたくないのでコインランドリーで洗濯をしています、待ち時間でブログ更新中です

 

今日の出費

食費 1543

お風呂 540 

コインランドリー 400

合計 2483

 

今日の総評、まとめ

本日も晴天、昨日に引き続き走りやすい1日だった!

 

西に行けば行くほど難解さと、危険さを上げていく国道2号線こわい

先駆者様のブログが無ければリアルで詰んでいた

 

適度な休憩が快適なライドを生む

 

遂に広島県突入!明日はゴール広島駅に行きます!!

 

走行距離 150km

AV 21.4km/h

                                             

                                      以上!また次回!!